基本方針

当社は、株主・投資家をはじめとするあらゆるステークホルダーの皆様に、当社に関する重要な情報を正確にわかりやすく、公平、かつ迅速に、適時、適切に開示することをIRの基本方針としております。情報開示のための社内体制を充実させ、決められた公開手順を踏まえたうえで、法令・諸規則等に基づいた情報、業績、財務内容、経営戦略、社会的責任を果たすためのコンプライアンスやコーポレートガバナンスに関する情報を開示し、株主・投資家の皆様に信頼と共感をもっていただける企業を目指します。

開示方法

決算短信や適時開示規則による情報開示は、東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開した後、弊社ホームページにも掲載します。適時開示規則によらない情報も、自社ホームページ等を通じて速やかに開示します。

決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するために、各四半期決算期日の翌日から決算発表が完了するまでを「沈黙期間」とし、決算に関するコメントや質問への回答を控えます。
ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく変化する見込が出てきた場合には適宜情報開示します。

業績見通しについて

当社で発表する将来の業績に関する見通しは、発表時点で入手可能なデータにより策定しているものです。様々な要素により、実際の業績がそれらの見通しと異なる結果となる場合があります。